髪染め通販ナビ - 口コミ評判で選ぶ色・種類とは?

 

近年では、ファッションの一つとして、または身だしなみの一つとして髪染めをすることが一般的となり、そのための商品が数多く販売されるようになりました。通販では数多くの種類が取り扱われていて、どれを選んだらいいのか迷ってしまう程です。そんな時、あなたは何を基準にして商品を選んでいますか?

 

よく通販サイトで見かける人気ランキングなどでは、おすすめの製品を知ることが出来るので参考にしている方は多いと思います。しかし、人それぞれ毛髪の質や頭皮環境は異なるものです。髪染めによる効果もまた人それぞれ異なるものなので、安易に通販ランキング等を見て選ぶというのは正しい選択ではありませんね。

 

そこで、こちらではあなたに合った髪染め商品を選ぶためのポイントをご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。また、上手く染めるコツや染める際の注意点についても詳しく解説しているので、事前にチェックしてみましょう。市販品の物でも通販品でも、使い方次第でキレイな染め上がりになりますよ。

 

最近では忙しい現代社会が影響してなのか、手軽に染められる泡タイプや天然成分を使ったものが主流となっています。泡はシャンプー感覚で液ダレすることなく、見えない後頭部まで泡がムラなく行き届き、道具いらずで簡単に染められるのが特徴です。また、泡状のものは色の種類が豊富にあることがメリットで、オシャレを楽しみたい方にとっては泡タイプに人気があるようですね。オシャレ染めとしても白髪染めとしても、泡タイプは評判が良いようです。

 

そして、天然成分を使った物については、天然の原料だけに色の種類は限られてしまうんですが、毛髪や頭皮を傷めることなく特有のツンとした香りも無いのが特徴です。毎日使える髪染めシャンプーは通販人気が高いですね。ただし、染まりにくいという利点があるので、そういうデメリットも知っておくと良いでしょう。

 

ちなみに、妊娠中にもオシャレを楽しみたい方や白髪を染めたいという方が結構いるようですが、妊娠中については止めておいた方が良いでしょう。妊娠中の染色は絶対にダメだという事はありませんが、妊娠によるホルモンバランスの変化やアレルギー症状等を引き起こす確率が妊娠前より高くなることから、やはり妊娠中のヘアカラーは止めておいた方が良いでしょう。

 

染料剤には、頭皮を傷めるほど強い成分を含んだ物もあります。それが、妊娠中に胎児に影響を全く与えないとは言い切れません。赤ちゃんの事を考えると、万が一を考えて妊娠中のヘアカラーは中断しておくことをお勧めします。もし、どうしても染めたいというのであれば、産婦人科の医師や美容師に妊娠中の旨を伝えて相談してみると良いですね。よりダメージが少ない物を勧めてくれるかもしれません。

 

このように、泡やジェル、液状などの使いやすさ、天然成分やヘナなど肌や毛髪に良い物など様々な種類があるのが髪染めです。あなたに合った製品を選ぶことで、ただ単に染めるだけでなく、染め上がりがより自然な色でキレイになるので、色々と比較検討してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

種類について


一言で髪染めといっても、その中には幾つもの種類があります。

 

まず、最初に分かれるのが白髪染め用のものと、ファッション用のものですね。

白髪染めの方も広い意味ではファッション用と言えるんですが、主眼としている機能が多少違うので分けた方が妥当でしょう。

 

白髪染めについては、中高年で主に利用されるもので、文字通り白髪を隠したり目立たなくすることを主眼にしています。

 

従来は脱色・染色を行うカラーブリーチ、ヘアカラータイプが主流でしたが、近年ではトリートメント効果のあるヘアマニキュアタイプが人気を博しています。

 

ターゲットとなる毛髪の色がもともと白で、それほど強い染色力がなくても目的を達成できることから、頭皮や毛髪のケアを主眼にした商品が増えてきていると言えますね。

 

ファッション用のものについては、主に青年から中年層で利用されています。

 

こちらは、元々の黒髪を脱色する必要があるので、漂白剤を含むヘアカラー、ブリーチタイプが変わらず主流となっているようです。

 

また、髪染めはその薬剤の性状によっても分類できます。

 

スタンダードなのが液状で、これにはそのまま使用する物と2液を混合する物に分かれます。

 

部分染めなどに向いている物としては、クリームタイプや泡状タイプもありますね。

 

さらに、短期的に使える物として吹きかけるだけで使用できるスプレーもあります。

 

それぞれの得意不得意とする特徴があるので、用途によって使い分けると良いでしょう。

 

製品の選び方とは?


髪染めは、髪質によって染まりやすさや染色後のダメージが大きく変わるもので、体質によっては特定の成分に対してアレルギー反応が出る場合もあります。

 

そのため、選ぶ際にまず考えるべきなのは自分の髪質・体質に合っているかどうかになります。

一般的な傾向としては、毛髪自体が細く柔らかく髪質が弱い人ほど染まりやすく、染めた後のダメージも大きい傾向があるようです。

 

そして、髪染めについても染色力と毛髪へのダメージが比例する傾向にあります。

 

これを合わせて考えると、髪質が太く強い人は多少のダメージを与えてもしっかり染まる、ヘアカラーやブリーチの併用が良いという事になります。

 

逆に髪質が細く弱い人は、染色力よりもダメージを抑えた低刺激ヘアマニキュアやヘアカラートリートメント、もしくは髪染めシャンプーが向いていると予測できますね。

 

もちろんこれは大体の傾向なので、実際は色々試しながら調整していく他ありません。

 

ただし、一応の目安として、現在使っている髪染めからどの方向へ変化させるとよりピッタリなのかの判断基準にはなると思われます。

 

中高年の男性の場合は、髪への影響に限らず頭皮への刺激も考える必要があるでしょう。

 

女性に比べて抜け毛や薄毛になりやすい男性は、頭皮への負担が大きい髪染めを使用し続けると、抜け毛や薄毛を加速してしまうことがあり得ます。

 

女性でも抜け毛が気になり始めた方は、低刺激の物に変えるという選択が良いでしょう。

関連サイト

ルプルプ口コミ染まらない?白髪染めの成分解説【最安値の窓口】

白髪染めなのにトリートメント感覚で簡単に染められるから髪を傷めず白髪を染められます。ガゴメ昆布に多く含まれている口コミで注目のフコイダンが含まれているので、高い保湿力が期待できます。
www.shiragazome-treatment-kuchikomi.com/