髪染め通販ナビ - 口コミ評判で選ぶ色・種類とは?TOP > 基礎知識 > 上手に染めるコツとは?

上手に染めるコツとは?

 

白髪染めにしても髪の色を変える髪染めにしても、上手く綺麗にムラ無く染めるためにはある程度コツが必要です。

 

そのため、染色剤の仕組みや性質をしっかり把握することで、適切な使い方をできるようになりましょう。

髪の内部まで染料を浸透させるヘアカラータイプの場合には、皮膚や頭皮に付けないようにするため、生え際の染色がうまくいかない傾向にあります。

 

その生え際を上手く染めるコツとしては、ラップの活用がありますね。

 

毛先→生え際の順で染色剤を塗った後、全体を再度梳かしてからラップで密封しましょう。

 

この際、生え際には特にぴったり密着させるのがコツです。

 

頭皮近くで密封された生え際は温度がしっかり上がるので、染色もしっかり行われる上に、ラップで密封することで薬液がくまなく回り、塗り残しやムラを無くすことが出来ます。

 

そして、染色時間を終えてすすぎをする時にもコツがあります。

 

いきなりシャンプーで洗い流すのはダメですよ。

 

まずは、ぬるめのお湯で髪を湿らせて軽く揉み込んでいき、その後お湯ですすぎを繰り返し、色が出てこなくなってからシャンプーで洗い落としましょう。

 

最初からシャンプーで洗ってしまうと、色ムラの原因になるので注意が必要です。

 

ちなみに髪染めをした後は、必ずといっていいほど髪にダメージが与えられているので、毛先を中心に丁寧にトリートメントをしておきましょう。

 

せっかくキレイな色に染めても、髪がパサパサしてツヤを失っていては台無しです。

 

しっかりケアしておかないと枝毛や抜け毛の原因にもなったりするので、染色後のケアを忘れないようにしましょう。

 

基礎知識記事一覧

染め方について

髪染めの方法は、ヘアカラー・ヘアマニキュア・カラートリートメントで多少変わってきます。まずヘアカラーの場合、一般的にはこういった流れになります。「染色液を用意する(...

上手に染めるコツとは?

白髪染めにしても髪の色を変える髪染めにしても、上手く綺麗にムラ無く染めるためにはある程度コツが必要です。そのため、染色剤の仕組みや性質をしっかり把握することで、適切な使い方...

色の選び方について

せっかく手間をかけて髪染めをしても、「似合ってない」などと言われてはショックですよね。もちろん髪の色は好みの問題も大きいですが、それとは別に肌色・瞳の色から言って合う色、合...

自宅で染めるメリットとデメリット

何事でもそうですが、市販の染色剤を使って自宅で髪染めをする場合にも、メリットとデメリットがあります。まず最大のメリットは、費用負担が圧倒的に小さいことです。月2回ペ...