髪染め通販ナビ - 口コミ評判で選ぶ色・種類とは?TOP > 基礎知識 > 色の選び方について

色の選び方について

 

せっかく手間をかけて髪染めをしても、「似合ってない」などと言われてはショックですよね。

 

もちろん髪の色は好みの問題も大きいですが、それとは別に肌色・瞳の色から言って合う色、合わない色の取り合わせというものがあります。

例えば、色白な人の場合は瞳がはっきり黒ければ栗色や暗めのブラウンが肌の透明感とマッチします。

 

瞳が茶色の場合は、瞳の色に合わせた明るい色でオレンジやブラウンが調和するでしょう。

 

黄色がかった肌色の人は、肌の黄色さとオレンジ系がマッチするし、赤みの少ないくすんだアッシュカラーなども肌の色を落ち着いた感じに見せてくれるので良いでしょう。

 

茶色い瞳には、黒い瞳の場合より一段明るい色を持ってくるのが良いようですね。

 

ピンクがかった肌色の人は、同じくレッド系を取り入れたオレンジや、パープルで全体が違和感なくまとまります。

 

青系を入れて肌のピンクを引き立てるのも有効ですね。

 

健康的な小麦色の肌には、アッシュ系を用いて肌をアピールできます。

 

肌と同系色のよりも、軽いオレンジやイエロー系も快活な軽さを与えてくれるでしょう。

 

いま挙げた組み合わせは一つの参考例に過ぎません。

 

こういった自分の肌色や瞳の色の他に、お気に入りの服飾ファッションとのバランスやアクセサリとのマッチング、季節やよくいる場所の色彩とのコントラストなどを考えて髪染めの色を選ぶことは、髪のおしゃれを考える上でかなり重要なポイントになりますね。

 

基礎知識記事一覧

染め方について

髪染めの方法は、ヘアカラー・ヘアマニキュア・カラートリートメントで多少変わってきます。まずヘアカラーの場合、一般的にはこういった流れになります。「染色液を用意する(...

上手に染めるコツとは?

白髪染めにしても髪の色を変える髪染めにしても、上手く綺麗にムラ無く染めるためにはある程度コツが必要です。そのため、染色剤の仕組みや性質をしっかり把握することで、適切な使い方...

色の選び方について

せっかく手間をかけて髪染めをしても、「似合ってない」などと言われてはショックですよね。もちろん髪の色は好みの問題も大きいですが、それとは別に肌色・瞳の色から言って合う色、合...

自宅で染めるメリットとデメリット

何事でもそうですが、市販の染色剤を使って自宅で髪染めをする場合にも、メリットとデメリットがあります。まず最大のメリットは、費用負担が圧倒的に小さいことです。月2回ペ...