髪染め通販ナビ - 口コミ評判で選ぶ色・種類とは?TOP > 染色時の注意点 > 男性が染める場合

男性が染める場合

 

近年は、男性が髪染めをするのも極々一般的となってきました。

 

と言っても、髪染めの手順や性質自体は女性と男性で特に違いがあるわけではありません。

特にファッションでの髪染めに関しては、男女差はほとんど無いと言えるでしょう。

 

強いて言えば、男性は美容院などで染める例が若干多い傾向にありますが、それほどの差ではありませんね。

 

と言っても白髪染めに関しては、男女で白髪に対する意識の差があるので多少違いが出てきます。

 

男性では、白髪を気にして染める例が女性よりも少ないという点がまず一点。

 

また、年代的に言って髪質や仕上がりなどにこだわらない事が多いので、仕上がりの美しさなどよりは手軽に短時間でできる白髪染めが好まれるようです。

 

こうした傾向から、白髪染めシャンプーやヘアカラートリートメントがよく用いられるようですね。

 

ただし、男性の場合は女性以上に気にしなければいけないのが、頭皮へのダメージです。

 

男性はホルモンの関係上、女性よりも抜け毛や薄毛が進行しやすい傾向があるので、体質に合わない髪染めや、強い脱色を繰り返すと髪や頭皮に負担がかかり、抜け毛・薄毛、果ては禿げの原因となることが危惧されます。

 

男性がファッションで染める際もそうですが、年齢が高くなってから染める場合には、特に頭皮へのダメージを抑えられるよう染色剤や方法を検討した方が良いでしょう。

 

この場合は、ヘアカラートリートメントや低刺激のヘアマニキュア、髪染めシャンプーなどが適切なチョイスと言えます。

 

染色時の注意点記事一覧

男性が染める場合

近年は、男性が髪染めをするのも極々一般的となってきました。と言っても、髪染めの手順や性質自体は女性と男性で特に違いがあるわけではありません。特にファッションでの髪染...

妊娠中の場合

妊娠中の母体は胎児と血液的につながっています。そのため、普通の成人の体では問題ない化学物質や薬を使用しても、胎児に対しては思わぬ影響を与えることがあり得ます。よって...

産後の場合

妊娠中と並んで出産後も、女性の体調変化やホルモンバランスの変調が著しいと言えます。そのため、以前なら上手く染まる髪染めでも全然染まらなかったり、これまで問題なく使用できてい...

髪染めは禿げる?

スタンダードな髪染め剤は、髪の色をある程度脱色しつつ染料をしみこませるために刺激性のある化学物質を使用しています。そのため、染めた後は髪のキューティクルが傷んでゴワゴワパサ...