髪染め通販ナビ - 口コミ評判で選ぶ色・種類とは?TOP > 染色時の注意点 > 妊娠中の場合

妊娠中の場合

 

妊娠中の母体は胎児と血液的につながっています。

 

そのため、普通の成人の体では問題ない化学物質や薬を使用しても、胎児に対しては思わぬ影響を与えることがあり得ます。

よって、妊娠中に限り使用を禁じられる薬剤や薬草、漢方薬などは多岐にわたりますね。

 

そんな中髪染めにもいくつかの刺激物質を使用するために、厳密な観点からいけば妊娠中の使用は避けたほうが良いと言えるでしょう。

 

ただ、頭皮などから吸収される化学物質は全体として極微量なので、実際影響があるかどうかはなんとも言えない部分があります。

 

マタニティブルーと言われるように、妊娠中の精神的な負担も小さくはないので、気分転換の効果を考えると一概にダメとは言えないのが実際のところでしょう。

 

むしろ、髪染め剤の影響は胎児よりもお母さんの方にはっきり出る場合があるようです。

 

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するので、以前は平気だった刺激臭が耐えがたくなる、以前は何も起きなかった髪染め剤でかゆみやかぶれが起きることなどが比較的よく起きるようです。

 

なので、妊娠中にどうしても髪染めしたいという場合は、普段使っているものより一段穏やかな髪染め剤をチョイスしたり、染色自体を抑えめにすると良いかもしれませんね。

 

そういった意味で、妊娠中に髪染めをする場合は以前使用したことのある髪染め剤でも必ずパッチテストを行いましょう。

 

美容院等で染める際にも、妊娠中の旨を伝えて美容師さんと相談する事をお勧めします。

 

参考サイト

人気毛染め口コミ
こちらは、毛染めをしたい方、している方必見の口コミ情報サイトです。髪染めにまつわる疑問ややり方、妊娠中の危険性やかぶれの害についても細かくご案内していきます。
www.kezome-navi.com/

 

染色時の注意点記事一覧

男性が染める場合

近年は、男性が髪染めをするのも極々一般的となってきました。と言っても、髪染めの手順や性質自体は女性と男性で特に違いがあるわけではありません。特にファッションでの髪染...

妊娠中の場合

妊娠中の母体は胎児と血液的につながっています。そのため、普通の成人の体では問題ない化学物質や薬を使用しても、胎児に対しては思わぬ影響を与えることがあり得ます。よって...

産後の場合

妊娠中と並んで出産後も、女性の体調変化やホルモンバランスの変調が著しいと言えます。そのため、以前なら上手く染まる髪染めでも全然染まらなかったり、これまで問題なく使用できてい...

髪染めは禿げる?

スタンダードな髪染め剤は、髪の色をある程度脱色しつつ染料をしみこませるために刺激性のある化学物質を使用しています。そのため、染めた後は髪のキューティクルが傷んでゴワゴワパサ...