髪染め通販ナビ - 口コミ評判で選ぶ色・種類とは?TOP > 染色時の注意点 > 産後の場合

産後の場合

 

妊娠中と並んで出産後も、女性の体調変化やホルモンバランスの変調が著しいと言えます。

 

そのため、以前なら上手く染まる髪染めでも全然染まらなかったり、これまで問題なく使用できていた髪染め剤で頭皮がかぶれたりという症状が出たりします。

その中でも注意すべき点は抜け毛です。

 

産後の女性はホルモンの関係で、非常に抜け毛が起きやすい状態になっている上に、髪自体の状態もあまり良くないので、少しのダメージが長引くような傾向が見られます。

 

こうした状態で頭皮に強い刺激を与えるような髪染めを行うと、ごっそり脱毛する可能性があり、顕著な場合は円形脱毛症のような状態になる事もあるそうなので注意が必要です。

 

こうした状態はだいたい産後2〜3ヶ月続きます。

 

よって、安全幅を取るなら産後半年までは頭皮に強い刺激を与えるような髪染めは避けた方が良いでしょう。

 

この期間は髪染め自体を止めておくか、より刺激の少ないヘアマニキュアなどを中心に使用すると良いですね。

 

美容院で染めてもらう場合にも、産後であることを伝えて相談するのが無難です。

 

産後の場合は、母親自身だけでなく赤ちゃんへの影響も考えるべきでしょう。

 

赤ちゃんの肌と粘膜は、成人とは比べ物にならないほど敏感に出来ています。

 

成人であれば問題ないレベルの化学物質でも、赤ちゃんではアレルギー反応や過敏反応を示すことがあり得るので、赤ちゃんと密着する機会の多いお母さんは、産後すぐの髪染めに注意する必要があるという事になります。

 

染色時の注意点記事一覧

男性が染める場合

近年は、男性が髪染めをするのも極々一般的となってきました。と言っても、髪染めの手順や性質自体は女性と男性で特に違いがあるわけではありません。特にファッションでの髪染...

妊娠中の場合

妊娠中の母体は胎児と血液的につながっています。そのため、普通の成人の体では問題ない化学物質や薬を使用しても、胎児に対しては思わぬ影響を与えることがあり得ます。よって...

産後の場合

妊娠中と並んで出産後も、女性の体調変化やホルモンバランスの変調が著しいと言えます。そのため、以前なら上手く染まる髪染めでも全然染まらなかったり、これまで問題なく使用できてい...

髪染めは禿げる?

スタンダードな髪染め剤は、髪の色をある程度脱色しつつ染料をしみこませるために刺激性のある化学物質を使用しています。そのため、染めた後は髪のキューティクルが傷んでゴワゴワパサ...