梅雨の洗濯物の対処方法

湿気は、洗濯物をする時に大敵となります。(汗)これは、単純に乾きにくいと言うだけではありません。それだけに留まらない問題だと思います。何故かと言うと、湿気が多い場合、雑菌が増殖しやすくなるからですね。この雑菌がニオイの原因となっています。ですから、せっかく洗って乾かしたのに、独特の嫌なニオイがしてしまいます。梅雨時は、こういった状況が最も起きやすい時期でもあります。乾きが遅いと言うことで、悪臭のリスクもあると言うことです。ですから、洗濯が一番難しい時期と言えますね。~とは言っても、梅雨の時期を避けて洗濯をすると言う訳にはいきませんよね。梅雨時の洗濯のコツとしては、なんといっても「溜めないこと」が挙げられます。また、一度に大量の衣類を洗濯機に入れて回すのも好ましくありませんね。(汗)そして、何より、部屋干し、室内干しの時は、スペースの確保に苦労することですね。洗剤を無駄遣いしたくないと言う人も多いと思いますが、梅雨時はヘタに潜在をケチってしまうと、悪臭を呼び込む原因にもなりますので注意しましょう。また、梅雨時は洗濯機自体に雑菌が発生します。そして、繁殖します。(汗)そんなことがあるので、洗濯槽はこまめに掃除するようにしましょうね。※(ポイント):漂白剤を使うと効果的です。洗濯物自体にも、漂白剤は可能な限り使ってくださいね。部屋干し用の洗剤を使用しても大丈夫ですよ。大抵の部屋干し用洗剤は、漂白剤が入っているので大丈夫です。汚れの原因になる事があるからです。(汗)。